よくある質問

蘭は熱帯雨林気候産まれですので、元々暑さには強い花です。毎日のお手入れ次第で、約2週間ほど(温度や環境によって変わります)楽しむことが出来ます。詳しくは、「蘭の取扱いとお手入れについて」をご参照下さい。
シーズン毎のベスト品種を厳選してお届けしておりますので、花の種類や色については、ブンガチャンテにお任せ下さい。
出荷時点では万全の注意を払って箱詰めしておりますが、配送中の振動により多少花びらが切れたり、つぼみが落ちることがありますこと、ご理解の上ご購入下さい。

蘭の扱いとお手入れについて

お届け用カートンボックスには、取扱い説明書が一緒に入っています。お手入れの仕方によってより長く楽しむことが出来ます(温度や環境によって変わります)。是非、ひと手間かけてあげて下さい。

①  カートンボックスから取り出したら、保水用の脱脂綿を取り除き、水切りをして下さい。

「水切りの仕方」 ボウルや洗面器に水をはり、その中で蘭の茎の先端を数cm斜めに切ります。 ※切れ味の悪いハサミやナイフで切ると茎の管がつぶれてしまいますので、ご注意下さい。

この時点で蘭がシャキッとなっていれば、お好みの長さに切って(水切り)、花器に生けて下さい。

② 蘭がしなっとして元気がない時には、水切り後、新聞紙で蘭全体をくるみ(薄い色の蘭の場合、インクが色移りする場合がございますので、新聞紙と蘭の間にキッチンペーパーなどを当てて下さい)、たっぷり水を入れたバケツや大きな花器に1時間ほど浸けるか、水をはったお風呂の中に5分ほど全体が浸かるように水づけして下さい。夏場の暑い時期には、氷を入れて頂くとさらにシャキッとします。

③ 花がシャキッとしたら、花器の1/3位(約3~5cmほど)まで水を入れて蘭を生けて下さい。
※花器にあまり多くの水を入れると茎部分が早く腐る原因となりますので、水は少なめに。

④ 花器の水は毎日取り替え、茎も3日に1度は切って頂くと良いでしょう。また、夏場の暑い時期ですと、朝夕に花器に氷を入れたり、花全体に霧吹きで水を与えると花がよりイキイキとし長持ちします。

⑤ 保存や飾り付け場所の温度は出来るだけ一定にして下さい。

「ブンガチャンテ」の蘭の切り花はシンガポールからの直送ですが、5月・12月のピークシーズン発送以外は、日本の通関状況を見ながら、日本国内にストックした蘭を手配することがございます。詳しくはご注文の際にお問い合わせ下さい。

Copyright © 2010 - Bunga Chantek Trading Pte Ltd. All right reserved.
6 Keng Chin Road #05-04, Singapore 258709 6456-1088 contact